diadia

興味があることをやってみる。独学で勉強しています。初心者から始めたので困ったことを書いて同じ境遇の方のヒントになればと思います。

繰り返し処理

種類

  1. for文
  2. while文
  3. do while文

for文

構文

for (初期化文; ループ継続条件; 増減式){
 繰り返し実行したい処理
      }

増減式には;を必要としない。書いたらunexpected token ; のエラーが出てしまうので注意。

変数iの値を1から3まで出力するプログラム

for (var i=1; i<=3; i++){
console.log(i);
      }

while文

構文

while (条件式){
 条件式がTrueのとき実行したい処理
      }

注意すべき点は条件式の中に;は不要だということ。for構文とは全然似ていないこと。while構文は繰り返しのfor構文とは構造が似ていないけど、条件分岐のif構文と似た構造である。参考:条件分岐

変数iの値を1から3まで出力するプログラム

var i = 1 ;
while (i <= 3){
console.log(i);
 i++;
      }

do while文

構文

do{
条件式がTrueのとき実行したい処理
}while (条件式)

注意すべき点は条件式の括弧外に;を要すること。相違点として最低でも一回は処理を実行し、実行後条件式に照らし処理が行われるか分岐する

変数tの値を1から3まで出力するプログラム

var t = 1 ;
do{
	console.log(t);
	t++;
}while(t <= 3);