読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有在庫販売の機会損失と機会損失

商品が売れないとき価格が原因の場合がある。

この時に価格を修正して購入する可能性を高めるか、その価格で買ってくれるお客さんを待つという選択肢がある。

 

自分のように資金がない場合、どちらの戦略を取ればいいのか考えてみた。

 

価格維持の場合、失うものは以下の二つ。

商品から薄利で現金に戻し、その現金で商品を出品する機会。

またほかの商品を代わりに出品した時に、高利益で売れる機会。

 

価格修正の場合失うのは以下の二つ。

そのまま待っていれば高く売れたであろう機会。

今後その価格が商品の取引基準になること、つまり将来にわたって売価が低い状態になってしまうこと。

 

言うまでもなく、目標は多くの利益を得ることである。

最低限自分の生活を支えられる利益を稼がなければならない。

 

まずは経験を得なければならないのだから、利益が出るかでないかの価格まで修正してまで販売してみることが大切じゃないか 

 

 

注文が入るパターンについて

ebayで注文が入るパターンの一つを気が付いたので記録しとく。

 

それは足で稼ぐパターン

日本の市場価格が上がってしまった商品についてはいっぱしの無在庫販売セラーは価格改定するか、その出品から撤退する。この状況では自分の商品が立て続けに売れ続ける。

 

台湾人セラーが日本アマゾンを使って無在庫販売をしてる商品があったんだけど、自分もぴったりマークして無在庫販売をしていた。今朝目が覚め売上の確認をする。ネット上で日本の市場価格が膨れ上がっている商品の売上だった。もちろん無在庫の薄利で出品しているわけだから、アマゾン仕入れでは普通に損失だった。その瞬間落ち込んだ。

そしてキャンセル依頼を入れるのは怖いと思ったから発送する。でも赤は嫌だから定価で商品を手に入れる事に決める。そして実店舗を巡り商品を購入!

ついでにもう一個を購入しといたわけだけど、それがその日のうちに売れてしまったのだ。この経験は2回目だ。異種商品で同じことが起きた。

無在庫セラーが撤退した時こそ、ピンチがチャンスになる。商品が手に入らない可能性は十分あるのだけれどね。

価格競争にどうついていくか?

無在庫販売は価格競争になる。

この価格競争にどうついていくか?

 

一つはその商品の最安値で出品している商品をウォッチリストに追加することで追跡するやり方だ。

無料出品枠をうまく活用するには?

無料出品枠が私の場合には50品まであります。正確には50品かどうかもわかりません。

 

ここのページでは、この無料出品枠について気づいたことを記録し、まとめておくことにする。

 

☆出品後に修正REVISEをすることについて

出品後に販売予定個数を変更しても、無料出品枠は減らない。

ということはBuy It Nowで1つ販売。販売後に再出品する。

この場合無料出品枠は2つ減ってしまう。

出品後に修正して複数個にしておけば、無料出品枠1個で複数個販売ができる。

 

※修正に関して

オークションからBuy it Nowの変更はできない。

 

 

アメリカ人が商品を買う時間帯について

朝方まで起きていてそろそろ寝ようかと布団でまどろんでいると、レジの開く音に目を覚ます。

ebayのアプリを使っているのだけど、売上があるとシャキシャキーン?みたいな音が鳴るのです。

あの音を聞くと未だにアドレナリンが出て目が冴える。

売れることは私にとってはまだ普通ではないから^^;

 

それはいいとして三人のアメリカ人から連日目を覚まさしてもらったわけです。

その時間帯は朝5時前後。

私が目を覚ますと売れている場合もあります。深い眠りなのでさすがに目を覚ますことはありませんがいずれにしろ、朝方に売れることが多い。

 

利益が見込めるか見込めないかでオークション形式に出品したことが最近ありました。3人ウォッチが入り、ウォッチャーの皆さんで熱い入札劇を繰り広げてください、と思ってました。

しかし最終的には一人も落札されず…。

 

 

他の出品者を見ても自分の価格で出している人はいませんでした。

原因としてはオークションの落札時間に難があったと思います。

 

 

まだまだ少ない経験で結論付けられませんが、1つの仮説が生まれました。

 

オークションでは朝方に終わるように考えた方がいいのかもしれません。

航空便とSAL便のはやさ

昨日書留付きのSAL便を発送したお客さんから連絡が届いた。

それは商品が届いたという通知だった。

 

SAL便が航空便に比べて遅いのは明らかだ。

問題はそれがどれくらい遅いかだ。

 

だから今データをとっている。データが少ないけど航空便は10日前後で到着している。今回のSAL便は30日かかっている。

 

3倍時間がかかるのはとても自分には気になるところだ。

データを増やして精度を精度を上げていく。

方向転換

先日月5万を稼ぐためにどうするかを考えた。1取引500円の利益をリサーチしようと過ごしてみたが、500円に満たないから出品をやめる、市場全体の取引量が少ないから出品をやめるという選択ばかりだった。

これでは目標を達成するどころか、出品できないので売上すら立たない。

 

方向転換。

 

まずは大量に多品種を売ってみる。そして売れる商品ばかりをひたすら売りまくる。

売れまくる状態で処理が追いつかなくなってきたところで、利益について見直そうと思う。

出品額がボトルネックなら利益率の高い商品に絞って販売する。

目標とする額に届かないなら利益額が少ないものはやめていく。これでいいんじゃないか?

 

まず自分のボトルネックは販売成約率の低さだ。販売できそうなものはひたすら出品する。たったこれだけ。