diadia

興味があることをやってみる。自分のメモを残しておきます。

curlについて

curl -X GET http://127.0.0.1:8000/api/example/ -H 'Authorization: Token 9944b09199c62bcf9418ad846dd0e4bbdfc6ee4b'

これの意味を調べる。

参考:https://www.django-rest-framework.org/api-guide/authentication/#tokenauthentication

https://www.setouchino.cloud/blogs/99#post-x-post-d

-XオプションはHTTPメソッドを定めるものである。-Xの値はPOST や GETを設定する。

-Hオプションはリクエストヘッダーに格納したい場合に使うものである。値がヘッダーに格納される。

-d (--data)オプションはデータを送る時に使うものでる。例えばwebサービスでnameというフォームが有り、"hajime"と入力し送信する場合には、curlでは以下のように送信されることになる。

curl -X POST -d 'name=hajime' example.com/send_info

データが複数ある場合には以下のように複数の方法で送信できる。

#①データとデータの間を&でつなぐ方法
curl -X POST -d 'name=hajime&age=23' example.com/send_info/

#②各データを-dオプションを使う方法
curl -X POST -d name=hajime -d age=23 example.com/send_info/

-dオプションの参考url:https://ec.haxx.se/http/http-post