diadia

興味があることをやってみる

シグナルについて

シグナル関連記事

post_save,pre_saveの使い分けについて[仮説]

本題

シグナルについての参考資料


https://code-examples.net/ja/docs/django~2.0/topics/signals

受信と受信機機能の接続というものがあるらしい。ここでpre_save,post_save,m2m_changedを使う。シグナルの定義とか送信という別のテーマがある。これについてはpre_save,post_save,m2m_changedを使わない...?

m2m_changedについて

m2m_changed

他のものと違ってactionという引数がある。受信に記載する。
senderにthrough等を追加して書かないといけない。

シグナルはどこで記述するのか?

models.pyに記述する。




今の所わかっていること
シグナルの定義
シグナルの発信
シグナルのレシーブ(コネクション?)
これらがある。

これらを書く場所
signals.pyにシグナルの定義
views.pyにシグナルの発信
models.pyにレシーバの定義 コネクト

書き方
user_login=Signal(providing_args=["instance","request"])

user_login.send(sender=self.__class__, instance=user,request=request)

def user_login_reciever(sender,instance,request,*args,**kwargs)

user_login.connect(user_login_reciever)