diadia

興味があることをやってみる。自分のメモを残しておきます。

djangoローカル環境構築について

環境条件

  1. django2.0以上のものを使用
  2. python3系を使用
  3. virtualenv等の仮想環境を設ける

 

概要

やり方は2つある。anacondaを使わない方法と使う方法。
windowsの場合はanacondaを使った方法が望ましい。

 

virtualenvを使う方法(anacondaを使わない方法)

①python3をインストール

②virtualenvをインストール

ディレクトリを作ってそこに仮想環境を構築する(ここでpython3が入る)

④仮想環境を起動させる

⑤終了させる

 

コマンド

pythonからダウンロード、インストール。

pip install python3 またはsudo easy_install python3でも出来るかもしれない。

これは次回確認する。

②sudo easy_install virtualenv 

パスワードを打ち込む

③virtualenv (仮想環境のディレクトリ名)

cd (仮想環境のディレクトリ名)

で移動し、

virtualenv -p python3 (仮想環境のディレクトリ名) 

④source bin/activate

※sourceコマンドはlinuxにおけるファイル実行コマンドである。

※確認 python -V これでpython3以上が入っていればオッケイ

⑤deactivate

 

 

anacondaを使って環境構築する方法

anacondaを使うメリットは簡単に環境構築できることだ。
anacondaをPCに入れると同時にpythonとpipが インストールされるイメージである。つまり作業したい仮想環境を作ると、python3系とpipが準備される。その仮想環境でdjangoを別途インストールすると環境構築は終了である。

手順

anaconda のインストールを実行する。
anacondaは1つのアプリケーションなのでExcelのようにアプリケーションがパソコンに追加されることになる。以下からダウンロードする。:https://www.anaconda.com/distribution/

windowsの場合はanacondaコマンドプロンプトmacの場合はターミナルから以下のコマンドを実行する。

 # anacondaの仮想環境を作る

conda create -n <環境名> python=3.6.4

# 仮想環境に切り替える:windowsの場合
conda activate <環境名>

# 仮想環境に切り替える:macの場合
source activate <環境名>

# djangoのインストール
pip install django==2.1

 

不要になった環境は以下のように削除する

# 仮想環境のリストを一覧する
conda info -e
# 以下でも一覧できる
conda info --envs

# 環境を削除する
conda env remove -n <環境名>

手順の理由

djangoを使うには、公式djangoの始め方を見れば良い。

https://www.djangoproject.com/download/

 公式にはinstall it with pip と書かれているので以下のコマンドを叩けば良い。

pip install Django==2.1.2

 これがdjango環境構築のゴールだ。言い換えれば、このコマンドを実行できた時が環境構築できた時だ。

このコマンドを叩くために前もってpipコマンドを実行できる必要があるし、また多く場合仮想環境も準備する必要がある。

そこでcondaをインストールする。(このときpipはcondaに内蔵されています)

仮想環境を構築する(conda create -n kankyo-mei)

そして仮想環境内でpip install django (仮想環境に入る:source activate kankyo-mei)

という考えになり、上記の結論になる。

 

 

 

 

 

EC2ではデフォルトでpython3.6が使えるパッケージがあるのでそれをインストールして環境構築するとすぐできる。

AmazonLinuxでデフォルトで使えるpython36-virtualenvパッケージを使ったPython3.6 venv環境の構築 | SaintSouth.NET

 

インストール

sudo yum install python36-virtualenv

 

作りたいディレクトリにて

virtualenv-3.6 -p python3.6 (環境名)