書留について

なんかたくさん販売を経験してると、見えてくるものがあるわけでそのことを記録する。

 

カナダに届かないってのは有名な話だけど

カナダのさらに下位の単位、つまり地域レベルで届かないところがあるって感じている。カナダにいろいろ送ってるけど早く届くところは早い。すぐにフィードバックをくれる。一方で、BCは1か月2か月たっても届かないといってくる。カナダのお客さんで届かないという人を比べてみたらどちらもBC。

BCの事業所に何かあるんだと勝手に思い込んでいる。

 

 

書留の必要性

書留をつけて欲しいっていってくるお客さんはあまりいない。つけたらいくらなんて聞かれたのは数回くらい。

てことは、書留を付けるか否かはお客さんが選ぶものではない。自分がつけるか否か選択するものだ。書き留めつけて値段設定するのか、なしで設定するのか。

 

 

 

メキシコ

届くのめっちゃ遅い。書留は必要な国。

 

 

オーストラリア

SAL書留が使えない国。もちろんePacket lite も使えない。ちょっとどうしようかわからない国。

 

エルサルバドル

SAL書留が使えない国。ePacket lite も使えない。

 

フィリピン

SAL書留は使えない国。航空便書留発送で対応する。

 

オーストラリア、エルサルバドルはPメール使えないかぎり、価格競争の値段設定は難しい。